公開日記

その名の通りです

18/02/04 : Riverside - Embryonic(和訳)

In a mood like this
こんな気分では
Don't want to pull away from you
君から僕を引き離したいとも思わないし
Don't want to hurt you
君を傷つけたいとも思えない
Shutting you out
君を僕の中から取り除くか
Or pushing you away
追い出すかをしたいんだ
In the mood like this
こんな気分では
I want someplace that is just mine
僕は僕だけの居場所が欲しくなる
And nobody else's
他の誰のものでもない
Just mine
僕だけしかいない世界が

Complete indifference
完全な無関心
TV life instead of talk
会話の代わりに流れ続けるテレビ番組
We're drifting apart
僕達は引き裂かれて
Lipreading
疑心暗鬼になった
And so distant now
もう、こんなにも離れ離れになって
I miss what we had
僕はかつての僕達が恋しくて
I miss someplace that was just mine
僕だけの居場所が恋しいんだ
And nobody else's
他の誰でもない
Just mine
僕だけしかいない世界が

Place for me to hide
僕が隠れるための居場所が
Inside of me
僕の内側に存在する…

For you
君のために
I will be
僕は
For you
君のために生きたい
I will escape again
再び逃げてしまおう
Wish to see in your eyes
願わくは君の瞳の中へ
That you want us back
もし君がまたやり直したいのなら…

That there's hope for us
それが僕達の希望になるから



※あとがき
Riversideの初期三作は、どれも同じコンセプトの下に書かれた作品であり、アルバム毎にストーリーが進行する構成をしています。この曲はその最後の作品、Rapid Eye Movementからの楽曲ですが、やはり歌詞の内容から察するに、二人の男女の恋愛模様を描いた作品のようです。