公開日記

その名の通りです

18/05/02 : Marillion - Kayleigh(和訳)

Do you remember chalk hearts melting on a playground wall?
覚えているだろうか、石灰のような僕達の心が、遊び場の壁に溶けていった時の事を
Do you remember dawn escapes from moon washed college halls?
覚えているだろうか、水平線が月に照らされた宿泊所から逃げてしまった時の事を
Do you remember the cherry blossom in the market square?
覚えているだろうか、市場に生えたあの一本の桜の木の事を
Do you remember I thought it was confetti in our hair?
覚えているだろうか、君の髪には紙吹雪の残りがついていたはずなのだ

By the way, didn't I break your heart?
ところで僕は、君の心を壊してしまったのだろうか
Please excuse me I never meant to break your heart
どうか僕を責めてくれ、君を傷つけるつもりは無かったのだ
So sorry, I never meant to break your heart
僕が悪かったよ、君を傷つけるつもりなんてなかったのに
But you broke mine
君も僕の心を壊してしまった

Kayleigh, is it too late to say I'm sorry?
ケイリー、謝るのにはもう遅いのかな
And, Kayleigh, could we get it together again
ああ、ケイリーよ、また一緒になってはくれないだろうか
I just can't go on pretending that it came to a natural end
僕はこれが当然の終わり方とは思えないのだ
Kayleigh, oh I never thought I'd miss you
ケイリー、僕がこんなにも君を恋しがるなんて思いもしなかった
And, Kayleigh, I thought that we'd always be friends
ああ、ケイリーよ、僕達はいつだって心を通わせていたはず
We said our love would last forever
この愛は永遠に続くと僕達は言った
So how did it come to this bitter end?
それならどうして、こんな悲しい終わり方になってしまったのだ

Do you remember barefoot on the lawn with shooting stars?
覚えているだろうか、裸足で芝生の上から頭上の流れ星たちを追いかけた時の事を
Do you remember the loving on the floor in Belsize Park?
覚えているだろうか、ベルサイズ・パークのフロアで愛し合った時の事を
Do you remember dancing in stilettos in the snow?
覚えているだろうか、雪の中に生まれた穴々の中で踊った時の事を
Do you remember you never understood I had to go?
覚えているだろうか、君が僕が行かなければならぬ事をどうしても理解してくれなかった時の事を

By the way, didn't I break your heart?
ところで僕は、君の心を壊してしまったのだろうか
Please excuse me, I never meant to break your heart
どうか僕を責めてくれ、君を傷つけるつもりなんてなかったのだ
So sorry, I never meant to break your heart
僕が悪かったよ、君を傷つけるつもりなんてなかったのに
But you broke mine
君も僕の心を壊してしまった

Kayleigh, I just want to say I'm sorry
ケイリー、君に謝りたいのだ
But, Kayleigh, I'm too scared to pick up the phone
でも、ケイリーよ、僕は君の名を呼ぶことを恐れている
To hear you've found another lover
君が他の男と愛し合っている事を知るかもしれない
to patch up our broken home
壊れた家を取り繕うために
Kayleigh, I'm still trying to write that love song
ケイリー、僕は再び君のために詩を書こうとしている
Kayleigh, it's more important to me, now you're gone
ケイリーよ、君が行ってしまった今、詩を書くことは僕にとってずっと重要なことなのだ
Maybe it will prove that we were right
きっとそれが、僕達が正しかったのか
Or it'll prove that I was wrong
それとも、ただ僕が間違っていたのかを証明してくれるから