公開日記

その名の通りです

18/08/10 : Pain of Salvation - Lilium Cruentus(和訳)

A Scene in Brown and Yellow:
 - 褐色と黄土色の混じった中で -

At first
最初
I don't know
僕にはわからなかった
why your presence fills me with unease
どうして君の存在がこんなにも僕を不安にさせるのか
Though I've missed you more than Life itself
君は僕の命よりも大切な存在なのに
I freeze
僕はハッとする
It's like you've been lost
これではまるで、ずっと君が失われているようじゃないか
and now you're glad to see my face
そして今、君は僕の顔を見ながら嬉しそうに微笑む
But as you sit down my confusion turns to distress
そんな君が僕のそばに座ると、この困惑とした感情は益々苦悩を深めていく
Not knowing how to let you know
僕にはどう伝えればいいかわからないからだ
that you are
夢の中の君に対して、君が本当はもう既に
Dead
死んでいるのだと

(I wake up sweating)
(これが夢だと気づいた僕は、汗ばみながら目を覚ます)

They tell me you are better off
連中は君がきっと報われると言う
Where you are now
今よりもずっと…
Well, I don't care
…そんな事なんて気にもかけないよ
They tell me that your pain is gone
連中は君の苦しみが去ったという
Where you are now
今はもう苦しみも残ってないと
Well, you left it here
…ああ、君の苦しみはこの僕の元に残されたままだ!
See, I need to be strong
わかってる、僕は強くならなくちゃならない
Need to be brave
勇気を持たなければいけないんだ
I need to put faith in something
僕には何かを信じる必要がある
How could I live on
どうすれば生きていけるだろう
Not hoping we will meet again?
もう君に二度と会えないのかもしれないのに…?

 

A Scene in White and Grey:
 - 白と灰色の混じる中で - 

Under the icon's weight the old thoughts lay
偶像の下で、古き思想は未だに息をし続けている
Under the cross so still and pale
十字架の下では、あまりにも静かに青ざめたまま
The flowers usher the stale breath of Death away
花に彩られた案内人たちが死の息の根を止めるのだ
And someone tries to sing
そして誰かが歌おうとする
But the bird of song has lost its wings
その翼は折れたままなのに
Now it twitches
しかし今、歌い鳥はもがきながら
Rips the stitches of a chest where tears are torn
涙に濡れた服の胸元を破り切り裂く
And where all loss begins
何もかもが失われたその胸元を…

 

Life seems too small when Death takes its toll
死が支配する時、人生はとてもちっぽけなもののように思えてくる
I need something to blame for this pain
僕にはこの苦しみを責めるための何かが必要だ…

 

A Scene in Amber - Flawed:

- 剥がれかけた琥珀の中で -

And have you ever had that dream
君は夢見た事があるだろうか
Where one you love passes away?
自分の愛しい人が死んでしまう夢を?
And you wake up crying to a world
君は泣きながら目を覚ますんだ
Where she's long since gone
最愛の人に長く取り残されてしまったこの世界に泣き叫びながら
But you feel the pain
それでも苦痛はこの胸に疼き
So close
あまりにも死んだその人を覚えている
As if she'd died today
まるで今日君が死んでしまったかのように!

But I need to be strong
でも僕は強くならなくちゃならない
I need to be brave
勇気を持たなくちゃいけないんだ
I need to put faith in something
僕には何かを信じる必要がある
How could I live on
どうしたら生きていけるだろう…
Not hoping we will meet again
もう二度と君に会えないのかもしれないのに…!
Some day?
…いつか会える日が来るのだろうか?

 

Earth to Earth, Dust to Dust
『土は土に、塵は塵に』※1
A verse we know too well
僕達の誰もがこの祈祷句を知っている
Like a nursery rhyme
それはまるで童謡のよう
Just in reverse
しかしその真意は
'Cause we are all the little tin man
『僕達は皆無力な人間であり
With hearts like little tin cans
その心臓はひとひねりで潰れるようなものだ』という事だ
And as we line them down with tears
...そして僕達がその句を涙と共に口ずさむなら
Over the years
幾年の時を経たあとで
They inevitably turn
その言葉はいつか必ず
To rust
…腐り、滅び行く

 

Life seems too small when Death takes its toll
死が支配する時、人生はとてもちっぽけなもののように思えてくる
I need something to blame for this pain
僕はこの苦しみを責めるための何かが必要だ…

I try,
…僕はもがき
I fail,
僕はしくじり
I fall,
僕は堕落する
like anyone you know
君の知っている誰かのように
I break,
僕は打ち砕き
I bleed,
そして血を流す
like anyone you know
君の知っている誰かのように…

 

A Scene in Blood on White:
 - 血に染った純白の中で… -

Where the linen's changed just for tonight
今宵、その衣類が血に染まる場所で
And somehow we beat her to this sight
僕達は彼女を流血するまで打つだろう
This ghostly room of Exit
この不気味な『死』の部屋に
That she enters by the flicker of candle light
彼女は燭台の灯火を揺らしながら入ってきたのだ
And in her breast
彼女の乳房は
A desert storm is taking form
嵐のようなものに貪り食われる
An old thirst that can never be quenched or killed
そこには決して癒すことも殺すことも出来ない渇望があるのだ
Sweeps over the cold

温もりを求めているそれは
Broken but thousandfold
打ちひしがれながらも大きな声で叫ぶ
"My Love!"
『僕の愛しい人よ』と…

 


※1 Earth to Earth, Dust to Dust
英国国教会にて、埋葬時に唱える祈りの言葉の一部。正確には"Earth to Earth, Ashes to Ashes, Dust to Dust(土は土に、灰は灰に、塵は塵に)"。旧約聖書の創世記の冒頭において、神は粘土(つまり土)から、人類最初の人間であるアダムを造る。またアダムの妻であるイブは、そんなアダムのあばら骨の一部から造られた。そんなアダムとイブは、蛇の誘惑を受けたために、善悪の知識を知り得る木の実を食べてしまう。それが神の怒りを買う事に繋がり、二人は神の楽園を追放されるのだ。こうして、再び人類は土に還るようになったのだが、この祈祷句はそれを題材にしている。