公開日記

その名の通りです

18/08/15 : Pain of Salvation - Dea Pecuniae(和訳)

Mr.Money:
- OK alright baby, the love of my life
「よし、大丈夫だ、君は僕の運命の人さ…」

Girl:
- Are you referring to me... or the car?
『それ、私に言ってるの?…それとも車?』

Mr. Money:
- Oh, please honey, what do you think?
「おいおい、何を言ってるんだよ…いやだなあ…」
- Now, Cindy...
「でさ、シンディ」

Girl:
- Sandra
『私は"センドラ"よ』

Mr Money:
- Yeah, of course. Now, as I see it, we've got two natural choices here. So, what do you say? Either I drive and you can give me some good head while I'm watching the road...
「いやあ、はは、冗談さ…わかってるとも…さて、僕の見たところ、僕達は二つのどちらかを選択しなくちゃいけないみたいだ。だから…どうする?僕が車を運転して、その間に君は僕にフェラチオをしてくれるか…」

Girl:
- What?
『は?』

Mr. Money:
- Well, somebody's gotta watch the road honey...
「まあ、誰かが運転してるあいだにね…」
- ...or... YOU can drive this baby
「もしくは…君がこの車を運転してもいいんだぜ!」
- ...oh, but only if you're good at handling the stick of course...
「…勿論、君が一緒に上手く竿を扱ってくれるならね…」

Girl:
- But... this is an automatic?
『でも…この車は自動操縦じゃないんでしょ?』

Mr. Money:
- ...rrrright!
「…勿論!」

Girl:
- Is that some sort of sick joke?
『あなた、私を馬鹿にしてるの?』

Mr. Money:
- What?
「なんでさ?」

Girl:
- ... "natural choices" my ass!
『…どっちもクソくらえよ!』

Mr. Money:
- Well, that's a third choise I didn't think about...
「おっと、そんな選択肢もあったんだね」

Girl:
- You son of a...!
『…本っ当に最低…!』

Mr. Money:
- Take it easy baby!
「おい、待てよ!」
- No sweat... it was only a joke, alright?
「そう怒る事ないだろう…ただの冗談じゃないか、え?」

Girl:
- Alright
『…わかってるわよ♪』

Mr. Money:
- ... I mean, of COURSE I was joking...
「畜生、勿論冗談だとも…」
- ... I would NEVER let you drive my car!
「…二度とお前なんかドライヴに誘うものか!」

 

…………………

 


I. Mr.Money

Miss Mediocraty:
”Hey there sweetie. Don't I know you? I swear I recognize your face... and those beautiful eyes... You know, they say the eyes are the doorway to ones soul... There's a smile. A little shy, aren't we? Hey, do you wanna get out of here
「ねえ、素敵な人…あなた、どこかで会ったかしら?その顔に見覚えがあるわ…その綺麗な瞳にも、ね…『瞳はその人の心を表す』って、あなたも聞いたことがあるでしょ?…笑ってるのね?何だかちょっと恥ずかしい。あなたもそうでしょ?ねえ、一緒にこれからどこかに行かない?」

Mr. Money:
Hey Miss Mediocrity,
やあ、平凡なお嬢さん
gee, I'm sorry
おっと、すまないね
You’ve seen me on TV,
君は俺をテレビで見かけたことがあるだろう
I'm Mr.Money
そう、俺は金の亡者さ
Now you want someone to hold you
もし抱きしめてくれる人が欲しいなら
And call when you’re in town
街に来て、俺を呼べばいいさ
Someone to calm you and confirm you
君を慰めて、気にかけてくれる人を…
Well, I’m here...
ああ、俺はそのためにいるのだから
...to let you down
君を裏切るためにな!
‘Cause outside these sexy cars
これらの素敵な高級車や
And far from my trendy bars
行きつけのバーの外では
Behind these smiles...
いつも浮かべている微笑みの裏では…
Miss Mediocraty:
"...maybe go someplace..."
「ねえ、素敵な場所に行きましょうよ…」
Mr. Money:
...And sunscreen...
君の日焼け止めを塗る時でさえ…
Miss Mediocraty:
"...more quiet, where we could... you know... talk!"
「もっと静かで、私たちが…分かるでしょう、語り合える所よ…」
Mr. Money:
...And “Live the Dream!”s...
…誰かに夢を売っているときでさえ!
Miss Mediocraty:
"...and get to know each other..."
「…お互いの事、もっと知らなくちゃ…」
Mr. Money:
I am cold!
俺は冷血で!
Miss Mediocraty:
"...no?"
「いやなの?」
Mr. Money:
And mean!
腹黒いからさ!

Miss Mediocraty:
"How about a ride in that Bentley up front? It's yours isn't it? I'll be a good girl, I promise!
「この車に乗りたいわ…ねえ、これもあなたのものでしょ?あなたに似合ういい女になる、本当よ!」
...or bad...
「勿論いけない女でも…」
...whatever you like!”
「…あなたは私を好きにしていいの」


Mr. Money:
Daily Finance
金融新聞を開いてみろよ!
– that’s me in the Armani
高級ブランドに身を包んだ俺が載ってるぜ
Got
最近は
Three Mercedes 350, two Ferraris
三台のベンツに二つのフェラーリを買ったんだ

I Could have bought a Third World country
その気になればアフリカかアジアの国の一つだって買い取れる
With the riches that I’ve spent
今日まで俺が尽くしてきた贅沢の代わりにな
But hey
でもよ
All modern economics claim that I deserved
最近の学者たちはみんな
Every single cent
俺がどんな小さな金の動きまで影響を与えてると考えているらしい
And the one time I’m the lesser half
だからもし一度でも俺がそれ以下になるなら
Is when we split the tab
それはみんなで割り勘した時さ…

So here’s to Friends,
そのための友達ってわけさ…
Family and Liberty,
家族、「自由主義」はそのために…
Genuinity,
そして正真正銘の…
here’s to Happiness, Success, Good Press, No Stress...
幸せが!成功が!名声が!ストレスフリーがここに!

But most of all...
これはみんな…

Here’s to Me!
俺のためにあるんだ!
Here’s to Me!
俺のためにあるんだ!
Here’s to Me!
俺のためにあるんだ!
There will be nothing left...
お前に残されたものなどない…
So...
だから…
Here’s to Me!
これは俺のものだ!
(Dea Pecuniae: Oh baby, baby)
(『ねえ、可愛い人…』)
これは俺のものだ!
Here’s to Me!
これは俺のものだ!
(Dea Pecuniae: I'll take care of you)
(『あなたを愛してあげる…』)
Here’s to Me!
これは俺のものだ!
There will be nothing left...
お前に残されたものなどない…
Nothing left...
何も…
...for you
…お前のためには!

Dea Pecuniae:
"If you're looking for fulfillment
『もし心が満たされたくて
A Kingdom and a Crown
自分のための王国が欲しくて
A Paradise of Free Rides
自由の楽園に向かいたいのなら…
I am here...
私はそのためにいるのよ…
...to let you down
…あなたを裏切るためにね!
I'll get you the sexy cars
あなたに沢山の高級車を買わせてあげる
And a taste of divinity
神のごとき全能感を…
A glimpse of the Stars
星々の煌めきを…
Immortality
永遠の命を与えてあげる…
But then Vanity
でもその時、あなたの虚栄心は
Will leave you dried
あなたを苦しめ
and scarred
絶望の縁に追いやるでしょう…!』
(Mr. Money: That's right, oh, give it to me!)
(ああ、わかってるとも、俺はそれが欲しいんだ!)

Here's to Me!
『これは私のものよ!』
(Mr. Money: Oh baby, baby)
(ああ、可愛い人だ)
Here's to Me!
『これは私のものよ!』
(Mr. Money: You'll take care of me)
(あんたは俺を愛してくれるね?)
Here's to Me!
『これは私のものよ…』
To me"
『…私のね』

II. Permanere

Mr. Money:
But then when it's silent
でも辺りが静まり返り
And the lights from the bars go down
行きつけのバーがその明かりを消すとき
I need comforting
俺は誰かがそばに居て欲しくなる
'Cause somewhere there deep inside
だって心の奥底では
Feelings of loss arise
何かが失われたような気持ちでいっぱいだから…
And I hate to lose!
…俺は何も失いたくない!

III: I Raise My Glass

They say it’s lonely at the top
連中は言う、高みにいる人間は孤独だと!
Then I’m as lonely as can be
それなら俺はずっと孤独でいてやるさ!
But I am not too sorry
悪い気はしないね!
You see, I’ve chosen this company
わかるだろう、俺はこのやり方を選んだんだ
I got myself a winning team
俺は勝ち組に入ったのさ
It’s Me, Myself and I
そこにいるのは俺、俺、俺!
You bet it’s lonely at the top old friends
あんたはそんな俺が独りよがりで寂しいやつだと思うだろう…
And I’m here today to tell you suckers why!
だから俺はここに居るのさ、お前らクズどもを馬鹿にするために!
Dea Pecuniae!
金の女王よ…
Money rules...
…その支配者よ!
They claim that I get paid for my big Responsibility
連中は俺には大きな責任があって、それを果たさなくちゃいけないと言う…
But hey, you know...
…でもよ、わかるだろ?
That is just a lame excuse
そんなのは戯言さ
For my egocentricity
俺の利己主義への当てつけだ

They say that we're really the same you and I
連中は言う、俺もお前もみんな同じ人間じゃないかと
And I truly do agree
ああ、俺もそれには同意だよ!
You see
…わかるだろう?

Just like me
お前は俺と同じように!
You live for me
俺のために生きればいいんだよ!
Until the day you die
お前が死ぬその日までな!

And so I raise my glass
だから俺は祝杯を上げたい…
to all of you who really believe that I get paid for my big responsibility
俺が本当に責任を果たしていると思っているやつに!
To all of you who suck it up and pay my debts
俺の負債をみんな代わりに払ってくれる馬鹿どものために!
To all of you who think that my lifestyle does not affect the environment
俺の生活が環境に悪影響を与えてるとも
Or the poverty
貧困層に悪影響を与えてるとも思わないやつらのために!
Well, maybe not more than marginally anyway
ああ、どちらにせよ、そんなにひどいもんではないさ
Good for you!
おめでとう…
And you know what?
…わかるだろう?
Here's to you...
これはあんたのもんさ…
And I raise my glass,
だから俺は祝杯を上げるよ
to those of you who give their piece of the cake for free, for me
俺のためにただで自分の分け前を与えてくれる連中に!
to throw in the face of democracy
そして民主主義を馬鹿にするような連中に!

For those who help making solidarity ideologically untrendy
そして、現代の風潮に反発するような組織を組む連中のために
And charity individualistically idiotic,
利他的な人間の皮をかぶったバカのために
unsmart and characteristically bendy
柔和な人柄をした無能のために
I salute thee you poor bastards
貴君らに敬礼!愚かな貧民どもめ
'cause you all nod while I sit at your table
お前らは俺がお前らの所に来たら相槌を打つことしか出来ないんだ
So let’s raise our glasses one last time,
だからもう一度だけこの祝杯を上げよう
to give you all the greatest recognition and credit of all times
俺はいつだってお前らに最高の認識と信頼を与えてるんだ
– cause after all, let's face it;
だってさ、考えてみろよ
that’s the only "thank you" you will ever get
お前らはいつだって感謝以外になんの利益も上げられていないんだからな
So come on now - raise your glasses!
だから来いよ、一緒に祝杯をあげようぜ!
Here’s to YOU
これはお前らのためさ!
There will be nothing left - no!
何も残されちゃいないさ
Nothing left...
何も…
...but money
…金の他にはな!