公開日記

その名の通りです

18/11/06 : U2 - Until the End of the World(和訳)

Haven't seen you in quite a while
長い間、君に会わなかったけれど
I was down the hold, just passing time.
僕はそれに耐えてやり過ごしていた
Last time we met it was a low-lit room
最後に僕達が会ったのは薄暗い灯りのついた部屋で
We were as close together as a bride and groom.
僕達はまるで新婚の夫婦みたいに寄り添い合っていた
We ate the food, we drank the wine
僕達は食事をして、ワインを口に含んだ
Everybody having a good time
皆が楽しそうにしているのに
except you.
ただ君だけが違った
You were talking about the end of the world.
君だけが世界の終わりについてを話していたんだ

I took the money, I spiked your drink
僕は金を受け取ると、君のグラスを打ち壊した
You miss too much these days if you stop to think.
もし早まってくれたなら、君だってあの頃を恋しがったはずなのに
You led me on with those innocent eyes
どうしてそんなに無垢な瞳で僕を見つめるのだろう
And you know I love the element of surprise.
知っているだろう、僕は他人と違うんだ
In the garden I was playing the tart
あの庭で、僕は君を裏切るような素振りをした
I kissed your lips and broke your heart.
僕は接吻(くちづけ)と共に君の心を裏切ったんだ
You,
そして君は
you were acting like it was the end of the world.
まるで世界の終わりにいるような顔つきをしていた

In my dream, I was drowning my sorrows
夢の中で、僕は悲しみの渦に溺れていた
But my sorrows they'd learned to swim
この悲しみはうごめくことを知っていたから
Surrounding me, going down on me
悲しみは僕を取り囲み、僕を捉えて
Spilling over the brim
感情が縁から溢れ出した
Waves of regret and waves of joy.
後悔の念と君がいたあの頃の喜びばかりが思い浮かぶ
I reached out for the one I tried to destroy.
僕は自分が壊そうとしたものに再び手を伸ばした
You
そういえば君は
you said you'd wait till the end of the world.
言ってたな、『世界が終わる時に待ってるよ』なんて